睡眠障害の改善方法ブログ!

睡眠障害の治療方法!生活習慣を見直してみて

Pocket

睡眠に悩みがある方、生活習慣を見直して治療方法を探してみませんか?

寝ることへの不安があるようだと、夜になるのが怖いと感じる方もいます。

生活習慣は気づかぬうちに色々な部分に影響しているので、一度見返してみてはいかがですか?

 

・起床と就寝の時間は重要

夜更かししていませんか?

気づいたらこんな時間!早く寝ようと思っていたのに…なんて毎日言っている人、言葉には出すけれど行動するのが苦手な方もいますよね。

寝る時間が遅くなると、朝起きる時間も多少ずれてきます。朝は決まった時間に起きて太陽を浴びることが大切。体を起こすうえでも必要なことです。

反対に夜寝る時間が早すぎてもよくありません。早すぎると朝起きる時間が早すぎてしまいます。これもかえってよくないのです。

また、寝る前にスマートフォンの画面を見てしまうと、ブルーライトが睡眠を促すメラトニンを抑えてしまい寝られないといったこともあります。

寝る前のスマートフォンは気を付けることができるので、ここから始めてみましょう。

 

・とにかくリラックス

肩がこるくらい力が入りすぎていませんか?深呼吸を忘れていませんか?

体に無駄な力が入って筋肉が緊張している人がたくさんいます。

リラックスしよう!と言われるけれど考えてしまう人も多いでしょう。

なぜリラックスが大切なのか、それは自律神経を整える効果があるからです。

睡眠には自律神経が関わります。バランスが崩れるとゆっくり寝ることができないのです。

ゆったりリラックスできるような音楽を聴いたり、マッサージをしてもらうのもいいでしょう。

お風呂は熱過ぎないよう温度に気を付けてゆっくり入る、ヨガなど呼吸法を大切にしている運動もリラックスできます。瞑想も効果的です。呼吸はヨガと同じなので、自分の心と対話するような感じで。

その日に何があっても一日の終わりにリラックスしたり、休みの日はリラックスする日だと決めて体と心を緩めましょう。

 

・食事も工夫しよう!辛いものは注意

毎日食べることで私たちは生きていますよね。何を食べるかによって眠りを改善することもできるのです。

大切なのはたんぱく質。それもここが重要!トリプトファンが入ったもの。

体の中では作り出すことができないセロトニンの材料になるのがトリプトファンなのです。

  • 乳製品

などにたくさん入っています。

夜ご飯は、このような食材が入ったものを食べましょう。

ちなみに辛いものは好きですか?体が温まるので好きだという人もいますよね。

ただ、辛いものを食べてすぐ寝てしまうと交感神経が活発になり、ゆっくりと眠ることができず質が悪くなってしまうので寝る直前は避けましょう。食べすぎもよくありません!

食べて体温をあげてから下がってきたときに寝るとゆっくり寝られます。

 

・アルコールやカフェインはNG

お酒を飲むと眠くなる人も多いのでは?

眠れないからお酒を飲むという人もいるでしょう。

寝付きやすくなりますが、寝ている間にアルコールが分解されてくると深い眠りを邪魔してしまいます。何度も夜中に起きてしまうので、じっくり寝た感覚があまりないように感じてしまうのです。

また、カフェインが入ったコーヒーやチョコレートなども、脳が目覚めてしまうので注意。

寝ようとしても、脳が活動しているのでさまざまなことを考えてしまいます。考えることでどんどん寝付けなくなり、焦ってさらに寝られなくなるのです。

脳が目覚めるのはカフェインだけでなく、タバコも同じことがいえます。

カフェインが入った飲み物や食べ物、タバコは寝る直前ではなく寝る予定時間の3時間から4時間前までにしておきましょう。

 

・症状に合わせた薬を飲む

あまりにも眠れない日が続いていると、とても辛く感じてきますよね。

食事や生活習慣を見直してみても、気になって寝られないなどさまざまな理由でどうしても寝ることができない人もいるでしょう。

無理することはありません。そのときは薬に頼ってもいいのです。

自分の症状にあった薬を使うことが効果的、病院で処方してもらうといいでしょう。

今は睡眠に関する専門医もいるので、安心して受診することができるようになっています。

また、病院に行くのは勇気がいる…という人は、病院よりも気楽な市販の薬もあります。

薬剤師さんに相談して購入してみてもいいでしょう。

薬も抵抗がある…という人は、サプリもあります。サプリは薬ではありませんので、そこまで抵抗なく服用できますね。

自分の症状とサプリの紹介ページを照らし合わせて、一番近い症状にあったものを購入してみましょう。

 

いかがでしたか?

生活習慣を変えるだけで、寝付きもよくなりゆっくりと眠ることができるかもしれません。

まずは試しにやってみましょう。

それでも変わらないようであれば、病院や薬、サプリなどに頼ってみるのもいいのです。

間違いでもなく、自分が情けないと思うこともありません。

大切な自分のためにできることをやってあげましょう。